FC2ブログ

東方蘇精音バックストーリー

※非常に長い為、ブックレットには要約した文を記載しています。詳しいストーリーを知りたい方は読まれて下さい。

バックストーリー
 少し前、幻想郷で猫をよく見るようになったと噂が立った。それからしばらくして、幻想郷に変わった風習が広まった。誰かのめでたい日を祝い、兎の格好をしたり卵を食べたりすると縁起が良いという、何とも曖昧なものである。外の世界でも近年それが注目されているが、流行に流されやすい日本人らしく、あまり何を祝う物かも分からないまま盛り上がっているようだった。しかし、日本における信仰などそれで十分。概要をなぞれば中身など適当でも信仰として成り立ってしまう。似てさえいれば多少の差異は関係なし。幻想郷でもその例に漏れず、人々の認識はやはり適当であるようだ。

その変わった風習が広まって三か月が経過した頃、祖精霊と呼ばれる高貴なる精霊達が幻想郷中に出現した。(以下特別な記載が無い場合、精霊とは祖精霊の事を指すものとする)精霊達は様々な色の淡い光を放ち、時折誰かを祝福するかのような心地よい歌を響かせていた。人々はこの吉兆を大いに祝福したのだった。
精霊が出現して数日後、事件は起きた。その日は霧が深く、月明かりさえも吞み込んでしまう闇に、化け物が潜んでいそうな夜だった。そしてその夜が明けると、幻想郷中の人間の頭に、猫の耳と思しきものが付いていたのである。


ルート1 博麗霊夢&霧雨魔理沙

博麗神社。幻想郷の端にある寂れた神社の巫女である博麗霊夢は、この事態に大層ご立腹なようだった。
「はぁー!?もう有りえないわ。何で猫の耳なんか生えて来る訳!?一刻も早く犯人をとっちめないと!」
しかし、今回の霊夢には一つ心配事があった。
「でも、どう考えても数日前から噂になってる精霊が何か関係あるわよね。うーん……」
実は霊夢には祖精霊が見えなかったのである。毛玉のような形の一般精霊とは違い、高貴なる祖精霊は全ての人間に見える訳ではない。本人の霊力や魔力に関係なく、体質的に合う者には見え、合わない者には見えない存在である。
「霊夢~、今回は流石のお前もお手上げのようだな!」
神社の鳥居の上から、普通の魔法使い、霧雨魔理沙が話しかけた。
「お前、精霊が見えないんだろ?」
「だったら何よ?」
「私には精霊が見える。しかし今回はどこに向かえばいいか、私には見当もつかないん
だ。どうだ?私と組まないか?」
魔理沙はいつも、情報を集めながら異変を解決するタイプであったが、今回はまるで情報が集まらず、勘だけで黒幕にまで辿りつける霊夢の協力が必要だった。
「あんまり気乗りしないけど、今回は仕方ないか」
かくして、前代未聞の主人公ペアが誕生したのであった。

ルート2 東風谷早苗&魂魄妖夢

守矢神社。妖怪の山の中腹にあり、誰も立ち寄る事が出来ない神社だが、幻想郷中に分社を作り、着実に信仰を集めている。この神社の巫女、東風谷早苗は困り果てていた。
「最近妖怪の山の様子がおかしいんですよ。昨今の精霊騒動とこのヘンテコな耳と、何か関係があるのでしょうか?」
人里近くの分社で、早苗は半人半霊の庭師、魂魄妖夢に相談を持ち掛けていた。
「この耳、精霊と何か関係があるんでしょうか?見て下さいよ。私だけならまだしも、半霊の方も猫耳になっちゃって」
 人魂のような見た目の半霊にまで猫の耳が生えている姿に、早苗は思わず吹き出しそうになったが、そこはぐっと飲みこんで、本題に入った。
「私には精霊が見えないんですよ。神奈子様も諏訪子様も見えなくて、私一人では異変解決に乗り出せないんです」
 すると妖夢は待ってましたと言わんばかりに返答した。
「私には精霊が見えます。ただ、妖怪の山付近にはあまり詳しくないので、私も早苗さんと同行させて頂きたいと思いまして」
「分かりました。お互いに助け合って行きましょうね」
かくして、巫女と半人半霊というよく分からない主人公ペアが誕生したのであった。


人々が精霊や猫耳に慌てふためく中、彼女の計画は着実に進んでいた。人々が誰かの復活祭を好き勝手に解釈する姿を、微笑ましく見守りながら。
「ふふ、外の連中といい、面白いものだな。しかしあれも、今の私達にとっては重要な事か」
彼女の頭上に広がるは、見慣れぬ荒廃した峰。その頂を支配するかの如く妖獣達が闊歩していた。
「さて、全ての準備は整った」
彼女は不穏の因子を見上げながら、ゆっくりと腰を下ろした
スポンサーサイト



東方蘇精音 ~ Elemental Quintet.

ジャケ
東方蘇精音 ~ Elemental Quintet.とは、当サークルが製作している、東方二次創作音楽集CDです。6面構成のシューティングゲームを意識して、曲を順番に聞けば、あたかも東方原作の新作をプレイしているかのような感覚になれるCDというコンセプトを目指しています。
2017年10月15日、博麗神社例大祭にて頒布予定であり、1面~6面までの道中曲、ボス曲をはじめ、全16曲を収録予定です。また、キャラクター設定やストーリー、スペル名、曲名等を記載した18ページに及ぶブックレットもお付けします。
ニコニコ動画に紹介動画を載せております。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31451889

楽曲一覧
※一部ストーリーのネタバレとなる為、曲名に伏字を使用しております※
精霊達の序曲
灰色の水の田園曲 〜 Long for homeland.
烏獣達の二重奏
炎日の受難曲
渦中の鍛冶屋の行進曲
聖なる金鉱の輪舞曲
白杵兎の円舞曲
サン・クリスティシア大聖堂の讃美歌
????の間奏曲
????の夜想曲 ~ Abyssal Xanadu.
?????の童謡
????の聖譚曲
??????五重奏 〜 Elemental quintet
精霊達の終曲
少女達の幻想曲
??の???

ちなみに、精霊達の序曲、烏獣達の二重奏の2曲は、音楽担当より先行公開させて頂いております。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30680631

製作メンバー(敬称略)
企画・脚本       NRT
音楽           辰凪刻子
キャラクターデザイン 神門明風
ブックレットデザイン  凛風

はじめに

はじめまして、東方蘇精音製作チームリーダーのNRTです。当ブログは、東方蘇精音をはじめとした、東方二次創作を製作する同人サークル、「オリジナルヒストリー」の公式ブログです。東方Project本家の上海アリス幻樂団様とは一切関係ありませんので、ご注意下さい。
当チームの創作物に関する情報以外にも、親交の深い創作者様方の作品を紹介したり、本家東方の作品に関して考察記事を書いたりする予定です。何卒宜しくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR